三原慶 1 三原慶  
  法人紹介 2 特別養護老人ホーム  
  3
   
利用料金
特別養護老人ホーム三原慶雲寮 料 金 表
〈平成27年8月1日現在〉
  [基本料金等]
 




介護区分 1日あたりの利用料 1日あたりの自己負担額
1割負担 2割負担
要介護 1 5,470円(547単位) 547円 1,094円
要介護 2 6,140円(614単位) 614円 1,228円
要介護 3 6,820円(682単位) 682円 1,364円
要介護 4 7,490円(749単位) 749円 1,498円
要介護 5 8,140円(814単位) 814円 1,628円
入院・外泊時 2,460円(246単位) 246円 492円
※入院・外泊については月に6日を限度とし、その算定については厚生労働省による通則等に準じます。
  [加算料金等]
 




加算名 1日あたりの利用料 1日あたりの自己負担額
1割負担 2割負担
看護体制加算Ⅰ 40円(4単位) 4円 8円
看護体制加算Ⅱ 80円(8単位) 8円 16円
個別機能訓練加算 120円(12単位) 12円 24円
初期加算 300円(30単位) 30円 60円
栄養マネジメント加算 140円(14単位) 14円 28円
看取り
介護
加算
(4〜30日前) 1,440円(144単位) 144円 288円
(2・3日前) 6,800円(680単位) 680円 1,360円
(当日) 12,800円(1,280単位) 1,280円 2,560円
夜勤職員配置加算Ⅰ 130円(13単位) 13円 23円
口腔衛生管理体制加算 300円(30単位)※月額 30円 ※月額 60円 ※月額
口腔衛生管理加算 1,100円(110単位)※月額 110円 ※月額 220円 ※月額
経口維持加算(Ⅰ) 4,000円(400単位)※月額 400円 ※月額 800円 ※月額
療養食加算 180円(18単位) 18円 36円
日常生活継続支援加算Ⅰ 360円(36単位) 36円 72円
介護職員処遇改善加算Ⅰ 基本料金と加算料金を算定した単位数の5.9%
  [各加算についての説明]
 
加算名   説 明
看護体制加算Ⅰ  1名以上の常勤看護師を配置した場合
看護体制加算Ⅱ   以下の要件を満たしている場合
  ①看護職員を常勤換算で入所者数25人に1名以上配置している
  ②最低の配置基準を1名以上上回って看護職員を配置している
  ③施設の看護職員により、又は病院・診療所・訪問看護ステーション
   の看護職員との連携により、24時間の連絡体制を確保している
個別機能訓練加算   機能訓練指導員の職務にあたる職員を配置し計画的に機能訓練を
  実施した場合
初期加算   入所者が入所した場合または30日を超える入院をした後に再入所した
  場合、入所日から30日間に限って加算
栄養マネジメント加算   常勤の管理栄養士が栄養ケアマネジメントを行う場合
看取り介護加算   医師が医学的見地から回復の見込みがないと診断した入所者に対し、
  医師、看護職員、介護職員等が共同して、本人や家族に説明しながら、
  その人らしさを尊重しながら看取りの支援を行った場合
夜勤職員配置加算Ⅰ   通常の夜勤を行う職員の基準に1を加えた職員を配置した場合
口腔衛生管理体制加算   歯科医師又は歯科衛生士が介護職員に口腔ケアにかかる助言や指導を
  月1回以上行ない、口腔ケアマネジメント計画が作成されている場合
口腔衛生管理加算   歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し、
  口腔ケアを月4回以上行った場合
経口維持加算(Ⅰ)   摂食機能障害を有し誤嚥が認められる入所者に対し「経口維持計画」
  を作成し、管理栄養士等が栄養管理を行った場合
療養食加算   医師の発行する食事箋に基づき、管理栄養士等が管理された食事(糖尿
  病食、腎臓病食、肝臓病食等)を入所者に対し適切に提供された場合
日常生活継続支援加算Ⅰ   重度の要介護状態や認知症の入所者が多く占める施設において、
  介護福祉士資格を有する職員を手厚く配置した場合
介護職員処遇改善加算Ⅰ   厚生労働大臣の定める基準に適合し、介護職員の賃金の改善等を
  実施している場合
※加算料金等については、介護保険法、厚生労働省からの通則等を遵守し加算します。
注1)入所者が要介護認定を受けていない等の理由により、施設が法定代理受領を行えない場合は、サー
    ビス利用料金の全額を一旦お支払いただきます。その際に、「領収書」及び「サービス提供証明書」
    を交付しますので、市町窓口にて申請していただくと、保険給付分の費用の払い戻しを受けること
    ができます。(償還払い)入所者等が介護保険料の未納等により介護保険の給付制限がある場合は、
    自己負担の割合は、入所者の介護保険証に記載された給付率を差し引いたものになります。
注2)入所者が、市町より「社会福祉法人等利用者負担軽減対象確認証」の交付を受けている場合には、
    自己負担額を確認証に記載された額に減額します。
介護保険の給付対象とならないサービス
  以下の利用料金は入所者が全額を自己負担するサービスの額として設定します。
  ① 食費・居住費
 
食費(1日あたりの負担額) 居住費(1日あたりの負担額)
1,500円 840円
※市町より「介護負担限度額認定証」の交付を受けている方は、確認証に記載された期間
  につき、記載されている食費及び居住費の額となります。
※市町より「社会福祉法人等利用者負担軽減対象確認証」の交付を受けている場合には、
  自己負担額を確認証に記載された減額割合の額に減額します。
  ② その他の費用(運営基準で定められた「その他の費用」)
 
区分 金額(単位) 内容の説明
理容代 1,800円(1回)   理容師による出張サービスを受けた場合
TV使用料 50円(1日)   個人でテレビを観られるよう設置した場合
  注)テレビは入所者が持参(購入)してください
クリーニング代 実費   施設で洗濯することが適さない、入所者の衣類や
  寝具等のクリーニングを希望された場合
行事参加費 実費(1回)   レクリエーションや行事に参加した場合
嗜好品費等 実費   入所者の希望により嗜好品、栄養補助食品等を
  購入した場合
日常生活費 実費   入所者の日常生活においても通常必要となるものに
  係る経費で、入所者にご負担いただくことが適当と
  判断されるものを購入した場合
通信費 実費   家族等へ文書等の通信をした場合
文書料 1,500円(1部)   入所者等の希望により証明書等を発行した場合
家族会費 1,500円(1年)   三原慶雲寮家族会の年会費
複写物の交付 20円(1葉)   入所者の希望により、サービス提供に係る記録を
  複写した場合
             
養護老人ホーム
特別養護老人ホーム 特別養護老人ホーム運営方針サービス内容職員配置  
特別養護老人ホーム建物のご紹介 特別養護老人ホーム入所の流れ 特別養護老人ホーム生活の様子 特別養護老人ホーム食事 特別養護老人ホーム健康管理リハビリ 利用料金
 
  養護老人ホーム 4  
  特別養護老人ホーム 5  
  ショートステイ 6  
  訪問介護事業所 7  
  デイサービス 8  
  居宅介護支援事業所 9  
  老人介護支援センター 10  
       
     
HOME アクセス 広報紙 求人情報 個人情報保護方針 情報開示 お問い合わせ  
    〒723-0131 広島県三原市小坂町1550番地 電話 0848-66-2630  
        Copyright(c)2014 三原慶雲寮 all right reserved